人をうらやましく思ったら、やるべきこと。

自分よりスゴいな、
と思う人を見ると
「あの人と比べて私なんて…」と
思ってしまってませんか?

それは単に、
あなたの憧れの人の方が
努力してるってだけだと思うんです。

image

ミッションに生きる U32の会
リーダーの孫田博美です。

こないだ、幼馴染みの職場にいってきました。

私の幼稚園~高校まで一緒な彼女は、
アパレルブランド勤務。

総合職だけど、
今は若手なので店舗で店員をしています。

ただどうやら出世頭として
期待されているようで、

なんと新宿の某超有名百貨店の店舗で
働いてます。

この子、アパレル勤務を選ぶのも納得できるくらい、
昔からセンス良かったし
おしゃれさんでした。

彼女と一緒にいると周りの友達から
「あの子と友達なんだ!すごいね!」って
言われるような。笑

昔は、それが誇らしくもあり、
ちょっと羨ましかった。
自分と比べて落ち込んだこともありました。

センスがよくておしゃれでキレイで
目を引く彼女と比べて、

私は地味で背も低くてダサくて。。。
(今思えば、相当卑屈。笑)

好きな子ができても
「私より○○ちゃんの方を好きなんだろうな」
なんて思ったり、

「あの子はいいなー」って
ないものねだりして、ひがんでました。

でも、よく考えたら、
彼女の「ファッション」にかける
思いやこだわりは尋常じゃなかったんですよ。

山形にいた学生時代から
毎月何冊もファッション雑誌読んで、
コスメもたくさん買って自分で研究して。。。

高校生なのに
セレクトショップにしか置いてないような
高めのブランドとかも超詳しかったな。笑

私は彼女を羨ましく思うことはあっても、
ファッションに熱意や時間をかけて
向き合ったことってあっただろうか。

つまり、

彼女があれだけセンス良くなって
人気アパレル企業の
花形店舗に配属されてるのは、

運じゃなくて
「努力の結果」だってこと。

「あの人はいいよねー」
「私なんてどうせ」
って言ってる人は、

だいたい単に行動してないだけだと思う。

彼女を羨ましがって
勝手にコンプレックス感じてた
昔の私もそうだった。

でも、今は堂々と本当に
彼女と並べる。

私は彼女ほど
センスは良くないし
メイクも上手くないけど、

自分の言葉を操る力や
人の本音を引き出す力はもっている。

それは表に出るものじゃないけど、
私が熱意と時間をかけて努力してきたこと。

彼女のファッションに対する
それと同じ。

そう気付いたので、

前までは彼女のお店に私が行くのは
場違いだと気後れしてたのですが、

堂々と入って試着もして、
一着お買い上げして帰ってきました。笑

会社に着てったら
いっぱい褒めてもらって幸せ(^^)

他人を羨む暇があったら、
今すぐ誰よりも努力すべき。

そのこだわりは、
きっとあなたの身になります。

*******************************
★メルマガ配信中!
『未来の自分が楽しみになる5STEP!
My ミッションの作り方』

→ご登録はコチラ
*******************************
★孫田博美 Facebook

https://m.facebook.com/hiromi.sonta?ref=bookmarks

★『ミッションに生きる U32の会』
お気軽にご参加ください!
https://www.facebook.com/groups/1570080286654527/

*******************************

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆