たまには弱音も吐いてみる。~”私はそんなに強くない”の巻~

唐突にふと思い出したのですが、

前職のときに、よく上司から
「なんでもっと早く言わなかったの?」
と言われてたんです。

というのも、

私ものすごく、
人を頼ることや
悩みを相談すること、
愚痴を言うことが苦手でして。

なんでも自分だけで
何とかしようとするんですよね。

でも私、実際はそんなに
キャパシティがない。

だから、

なんでも自分で納めようとして、
結局パンクするということがよくありました。

仕事のストレスが重なって
ノイローゼみたいになってから
会社に打ち明けたりとか、

夏休みとれてないのが
(それどころか普通の休みがとれてなかった)
誰にも言えなくて、

会議中に疲労がピークに達して
号泣したりとか。。。

おそらく、

今の私しか知らない人は
想像できないくらい、

常にいっぱいいっぱいで
疲弊してました。

たぶんずっと、
「私は一人でも大丈夫」が

私を保つための
呪文だったんです。

真ん中なので
「親に怒られないように」
と自然と空気を読んで
ワガママを言わないようになったし、

絶対に譲りたくなかった
進路選択のときは、

「自分でなんとかしないとダメなんだ」
って悲壮な覚悟をしてた。

だからこそ
よかったこともたくさんある。
拓けた道もある。

ただ、気付けば
「一人で頑張るのが当たり前」に
なってしまった。

こんな偉そうなこと
たくさん言っても、

有り難いことに
「求心力がある」と
言って頂いても、

ほんとはそんなに
強くないのですよ。

そんな風に振る舞うのか
板についただけで。

ただ最近は
もっと周りを頼ろうかなと
思うんです。

私が間違って思い込んでるだけで、

きっとほんとは
私に手を貸したいと
思ってくださる方はいるし、

これまでだって
助けられてきたはずなんです。

だから、

少し気持ちを緩めてみようかなと。

27歳にしてはじめて、

チームとか
人のあたたかみとかを
意識する今日この頃。

まだまだ思い込みは抜けないけど、
少しずつ周りを信じよう。

たまには、

弱音を吐いたり
助けてもらってもいい。

そうやって生きてくのが
社会ってもんなんだ。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆