才能がないと思うなら、○○を見よ。

自分に自信がないという
若手社会人からよく聞くセリフ。

「私には特別な才能なんてないし………」

そんなときは、
あえて自分の欠点だと思ってるところに
目を向けて見てください。

才能って実は、
欠点の裏返しだったりするんですよ。

image

「ミッションに生きる U32の会」
リーダーの孫田博美です。

最近、私はひとつ
自分の才能に気付きました。

それは、
「人と人とを繋げるのが得意」
ということ。

私が主催するイベントで出会った人同士が
他の場所で仲良くしてたりとか、

「この人はこの人と合うだろうなー」って
引き合わせた人同士が
会ってみるとやっぱり長いご縁になったり。

これね、才能だと思うんです。

自分で言っちゃいますが。笑

でも、昔の私は、

逆にこれを
「欠点」だと思ってました。

私、昔からなぜか、
私が引き合わせた友達同士が
仲良くなっちゃう
ことが多かったんです。

当時は私も今ほど精神的に強くなかったので、
それをすごーく妬んでました。

「もともとは私と仲が良かったのに…」とかって
友達をとられたような気になって。

「私は○○ちゃんより好かれてないから、
取り残されちゃうんだ」

なんて自分を否定しに走ったりね。

でも、あるとき親友が私に手紙をくれて、
そこに書いてくれた言葉が衝撃だったんです。

「ひろみの周りには
いつも人が集まってくるね」

そのときは、
「え?」って思いました。

私はむしろ、
「すぐ友達が離れていっちゃう」って
思ってたから、
受け入れられなかったんですよね。

でも、
「コイツは私のどこを見て言ってんだ!」と
想いながらも、笑

そういう人に憧れてたのは事実だったから、
戸惑ったけど嬉しかったのは覚えてます。

でね。

その、ちぐはぐな現象の意味が
よーやく最近わかりました。

ほんとは私には、
「人と人を繋げる才能」があった。

でも、私が受け入れてなかっただけ
だったんです。

物事って、なんでも表裏一体。

私が、友達と友達を引き合わせると、
その友達同士が仲良くなる。

なんなら、

私のいないとこで
遊んでたりしちゃうくらい。

これはマイナスに見れば
「友達をとられた」
っていう状況なのかもしれないけど、

プラスに見れば
「人と人を繋げるのが得意」ってこと。

こんなふうに、

悪いところの裏返しが
良いところになる
のが世の中の摂理なんですよね。

image

私は、そのことにやっと気付いたから、

「友達をとられる」ことを
「人を繋げられる」に変換して
自分の才能として受け止めました。

それからは、
今みたいなコミュニティづくりを
自信もってできるし、

これからも人同士を繋げる才能を発揮するために
もっと私自身が人脈を増やさなきゃなって
思えるようになったんですよね。

私の本業の
キャリアアドバイザーの仕事では、

大学生の方々の過去の経験や
普段の考え方を聞くことで、

彼らの才能を引き出すことをしています。

このときも、
「あなたの才能はコレだね」って言うと、

自分では欠点だと思ってたところ
 

だったりするから、

一瞬嫌そうな顔する人も多いんです。笑

でも、そうじゃない。

あなたの欠点は、
他の人からみたら才能かもしれない。

それに気付いていないのは
あなたはだけかもしれませんよ?

「才能がある人」って、
要は「気付き上手」なだけなんです。

「ミッションに生きる U32の会」
若手社会人交流会!

@東京 10/16(日) 14:00~
@神戸 10/30(日) 11:00~
*******************************
メルマガ配信中!
『未来の自分が楽しみになる5STEP!
My ミッションの作り方』

→ご登録はコチラ
*******************************
孫田博美 Facebook

https://m.facebook.com/hiromi.sonta?ref=bookmarks

『ミッションに生きる U32の会』
お気軽にご参加ください!
https://www.facebook.com/groups/1570080286654527/

*******************************

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆