立ち向かうことから逃げれば、それなりの人生にしかならない。

「ミッションに生きる U32の会」
リーダーの孫田博美です。

「やりたいこと」
が見つかっても、
それを仕事にできる人は一握り。

だから私には無縁な話。

そう思って淡々と働いている
社会人って多いんじゃないでしょうか。

たぶんね、
事実はそうなんですよ。

「やりたいこと」メインで
生きている社会人って少なくて、

みんな何かしら妥協して
「これくらいの幸せでいいや」

って生きてると思う。

じゃあ、

「やりたいこと」を
実現できた人って
何が違ったんだろう。

特別な才能があったのか?

それももしかして、
少しは必要かもしれない。

でも、そこではなく、

一番大事なのは
必要なことにちゃんと
「立ち向かうこと」
だと思うんです。

image

「やりたいことをやろう!」
思ったとき、

いろんな障害が出てきます。

実は、

ここで折れてしまって
「やりたいこと」ができないまま
終わりにしてしまう社会人が多いんです。

でも先日、

お世話になってる社長さんから
あることを教えてもらいました。

「人生は、どのくらい立ち向かったかで
手に入るものが変わるよ。」

その方が例えてたのは、
車を買おうとしたときの話。

例えば、「フェラーリが欲しい!」
思ったとする。

でも、そんな高価なものを買うお金はない。

多くの人はここであきらめて、
もう少し安い手の届く範囲の車を買う。

これを、「代替」と言うんだそうです。

人はこうやって
「本当はあれがほしいけど、
これくらいでいいや」
って言って、

気づけば、
「代替」ばかりの
人生になってしまう。

でも、フェラーリが欲しい!って
欲求に忠実になって、

一生懸命働くとか
なんとかしてフェラーリを
譲ってもらえる方法考えるとか、

もっとできることを
やりきったら、

本当はフェラーリも手に入る。

だってこの世の中に
フェラーリを持ってる人は存在するから。

できないってことは
ないわけです。

何も、生身で空を飛べ!なんて
無茶なこといってる訳じゃないですよね?

できるんです、本当は。

ただ、フェラーリを手にするために

「今以上に働くこと」
「他の手段を考えること」

面倒に思って
立ち向かうことを
避けているだけなんだ。

image

そのまま、
「代替」で埋め尽くされた
人生でいいのか??

そんなの嫌!って思うなら、
まずは少しだけでも
立ち向かってみよう。

最初はストレスがかかるし
悩むこともあるだろうけど、

本当に欲しかったものや
やりたかったことが
手元に残るはずです。

*******************************
★メルマガ配信中!
『未来の自分が楽しみになる5STEP!
My ミッションの作り方』

→ご登録はコチラ
*******************************
★孫田博美 Facebook

https://m.facebook.com/hiromi.sonta?ref=bookmarks

★『ミッションに生きる U32の会』
お気軽にご参加ください!
https://www.facebook.com/groups/1570080286654527/

*******************************

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆