「人望」の作り方

「人望」があれば、
大抵のことがうまくいく気がする。

でも、人望なんて
最初からあるものじゃないんだよね。

image

「ミッションに生きる U32の会」
リーダーの孫田博美です。

数年ぶりに熱を出し、
一日寝込んでいたのですが
なんとか復活・・・!

ずっと寝てたらろ
いろいろ書きたいことが下りてきたので、
ブログ書きます!

最近、よく言っていただくこと。

「博美さんって人望ありますよね!」

しかし!

当の本人は、全然そんなこと思ってなかったのです。

確かに、よく考えれば、

今やってる「U32の会」は
毎回10名近い方がサラッと来て頂けるし、

前の名前でブログ書いてたときからの仲間が
本名での発信に変えても仲良くしてくれている。

実は、「前の名前のときからブログ見てます!」と
言われることも結構多いのですよね・・・。

これを「人望」と呼ぶなら、
なるほど、そうなのかもしれない。

いやしかし。

私、自分って「人望」とは
ほど遠い人間だと思ってたのです。

中学生のときに
修学旅行の班長やったら
班員がまとまらなくて空中分解しちゃったり

合唱コンクールで指揮者やったときには、
私が指揮する曲だけ歌ってくれない男子がいたり

昔を思い返すと、
「人が付いてきてくれる」タイプだったかと言われると
微妙なのです。

じゃあ今って何が違うんだろう?
って考えてみると、

「想いを発信していること」

かなって思いました。

私が何を考えていて、
どんな人間なのか。

ブログなどでは
包み隠さずストレートに書いているつもりです。

特に、家庭環境のことは
私に大きな影響を与えているものなので
フルオープンにしてます。

(いつも悪く書く父には申し訳ない。。。
今は好きですよ!!)

本業のキャリアアドバイザーとして
担当の学生さんと話すときにも、

「”安定した会社”を探す前に、
人として”どう生きていきたいか”考えなさい!」

と熱く伝えてます。
松岡修造も真っ青なレベル。笑

でも、ここまで言うと
結構私を頼ってくれるようになるんです。

そういえば会社でも
「学生さんの心を動かせるよね」と
言ってもらえることがあります。

本当に信頼できる友達って
「何でもさらけ出せる人」だったりしません??

何考えているかわからない人、なんて
近づきたくないでしょう?

だから、自分の想いは
できるだけオープンにした方がいいんです。

きっと、私の想いに共感できない人も、
いるんだと思うんです。

世界って広いから。

でも、そういう人からの批判を怖がって
何も発しなかったら、

「その他、大勢」

で終わっちゃうのです。

そりゃあ、人も集まらないわ!!笑

こんな、普通のイチ会社員でもさ。

こうやって想いを書けば、
人って集まってくれます。

だから、もし「人望がほしい」と思うなら、
怖がらずに「自分の想い」伝えましょうよ。

恋人でも、仕事仲間でも、友達でも。

そしたら、人はあなたに
付いてきてくれるはずです。

 

image

 

*******************************
★孫田博美 Facebook
https://m.facebook.com/hiromi.sonta?ref=bookmarks

★孫田博美 twitter
https://twitter.com/hiromisonta?s=03

★『ミッションに生きる U32の会』
お気軽にご参加ください!
https://www.facebook.com/groups/1570080286654527/
*******************************

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆