「身軽になる」ことのメリット

最近、私は 
「いかに自分が身軽でいるか」

ということを意識してます。

身軽になるといいことは、

「自分自身」に
集中して目を向けられること。

これは、

去年の暮れから
シェアハウスで暮らしはじめて
特に実感してます。

私は、それまでは
ずっと一人暮らしで、

一通りの家具や家電や
洋服や本を持っていました。

しかも、

結構モノを捨てられない質だったので
引っ越すときは収納の大きさとか
気にしていたほど。

そんなだったのが、
今ではほぼ
6畳間に入る荷物のみ!

こうなったら、
持てるものは自分の体と
最低限の荷物だけ。

そうすると、

何が自分にとって
大切なのかがわかる。

たくさんのモノを持つことで
自分を飾ったり
満足させたりするんじゃなくて、

「私」にとって
本当に大事なもの。

そう考えて
部屋に置くものを選んだり
買い物をしたりするようになるので、

どんどん大事なものが
シンプルに考えられるようになります。

例えば、

昔の私は、
セール行くと
たくさん服を買っちゃったり、

本も気になったら
とりあえず買って詰んでおく、

みたいなことをやってました。

でも今では、
「これほんとに大事?」
が口癖。

おかげで前よりももっと
いろんな場面で、

「自分にとって大事なもの」

すぐ判断できるように
なってる気がします。

今って、

いろんな選択肢があって
情報もあって
モノもあって、

選ぶことが
どんどん難しくなってると思う。

しかも
価値観は千差万別だから

自分が気持ちいい選択は
自分にしかできない。

だからこそ、
「自分にとって大事なもの」

きとんと選べるようで
ありたいなぁと思ってます。

ちなみにシェアハウスに住んで
良かったことはまだまだあるので、

シリーズ化してぽつぽつ書きます~

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1989年、山形県出身、横浜国立大学卒業。

特殊な家庭環境の影響から、「人より頑張らないと幸せになれない」と思いながら育つ。

社会人になりガムシャラに働いて成果も出したものの、次第に生き辛く感じるように。

そんなときに決断した「鎌倉移住」により考え方が一変。
大好きな自然がそばにある生活に癒され、肩肘を張って生きていたことに気付く。

現在も、鎌倉に住みながら都内に通勤中。
そのかたわら、「"本当の自分" が "生きたい人生"に踏み出す人を増やす」をミッションとして、自分に向き合うカウンセリング、「生き方」のコンサルティングなどを行う。

また、若手コミュニティ「U32の会」を発起・運営中。全国展開を目指している。

◆お問い合わせ・お仕事のご依頼はコチラ◆